PDF書類をご覧いただくには、アドビ・アクロバットリーダーが必要です。
右のアイコンをクリックし、Adobe社のサイトから無料でダウンロードできます
 >>ダウンロードはこちらから(2014改正版)

      >> 2014年 改正規則(F550)
      >> 2014年 改正規則(Vクラス)


    モーターボート国内競技規則

    シリーズ別競技細則
    >> ハイドロシリーズ競技細則
    >> フォーミュラシリーズ競技細則
    >> Vシリーズ競技細則
    >> オフショア(OFF)シリーズ競技細則

    競技会規則等
    >> 日本選手権レース規則
    >> スピードトライアル競技細則
    >> ハンディ・キャップレースの実施方法
    >> 登録関係規則
    >> その他の規則
    >> 資料

<指定様式>

指定様式 用途 ダウンロード
 レーシングライセンス申請書 新規取得 Word
 公認競技員及び登録検査員申請書  新規取得 Word
 エキスパート更新申請書 更新手続 Word
 健康診断書 新規取得 Word
 健康自己申告書 更新手続 Word
 クラス申請書 Word
 参加申込書 1人用 大会参加 Word
 参加申込書 2人以上用  大会参加 Word
 メディカルチェックリスト 大会参加 Word
 出場に関する誓約書 大会参加 Word
 モータボート登録検査申請書  検査申込 Word
PDF書類をご覧いただくには、アドビ・アクロバットリーダーが必要です。
右のアイコンをクリックし、Adobe社のサイトから無料でダウンロードできます。


>>ダウンロードはこちらから(2011改正版)
<指定様式>
 
指定様式 用途 ダウンロード
レーシングライセンス申請書 新規取得 Word
健康診断書 新規取得
健康自己申告書 更新手続
クラス申請書
参加申込書 大会参加
メディカルチェックリスト 大会参加
出場に関する誓約書 大会参加
   
<2011年改正点>

804 艇番(変更)
1 艇体にはクラス毎に設定されたゼッケン番号を記入しなければならない。
1)クラス毎に年間成績順で翌年度の1番から3番まで番号を付与する。

806 燃料系統(追加)
 
5 潤滑油は、生分解性オイルの使用を推奨する。

903 Vクラス(追加)
1 クラス及び艇体は次の通りとする。
 (1) V 700以下

920 国際シリーズ及びクラス(追加)

921 スポーツアウトボード
1  クラスは、次の通りとする。
 (以下省略)

903 レーシングアウトボード
1 クラスは、次の通りとする。
(以下省略)

Vシリーズ競技細則

101 国内Vシリーズ
1 クラス及び艇体は次の通りとする。

シリーズ

クラス

排気量

重量ドライバー含

長さ

形状

250

175cc以上250cc以下

230kg以上

3.50m以上

1.30m以上

Vボトム

モノハル

350

251cc以上350cc以下

240kg以上

3.50m以上

500

351cc以上500cc以下

265kg以上

3.75m以上

700

501cc以上700cc以下

270kg以上

4.00m以上

1.35m以上


※V700以下は、2サイクル環境対応エンジンまたは4サイクルエンジンとする。
V700以下の排気量は、2サイクル環境対応エンジン1.3倍、4サイクルエンジン
 1. 倍とする。

シリーズ

クラス

排気量

重量ドライバー除

長さ

形状

850

751cc以上870cc以下

330kg以上

4.25m以上

Vボトム

モノハル

2000

1,501cc以上2,000cc以下

535kg以上

5.60m以上

3000

2,001cc以上3,280cc以下

600kg以上

6.00m以上
5.70m以上

※排気量は、2サイクル環境対応エンジンを基本とし、4サイクルエンジン1.
      倍までとする。

JCI登録はプレジャーボートクラスとする
     ※ライフジャケットはストックアウトボート用またはオフショア用とする
     ※インフレータブルボートの場合、船底中央部はコンポジットであること
     ※改造範囲はSクラスに準ずる
     ※V3000クラスで河川等のみで走行する場合は5.70m以上でも可 

304 機関
1 機関は、次の通りとする。
1UIMに承認された船外機とする。ただし国内で市販の船外機も可とする。
2)機関の数は、1基とする。
3)燃料吸入方式は、自由とする。

4)前進、中立、後進させるギア変換装置を持っていなければならない。
5)排気量は、次の通りとする。

  ただし2サイクル環境対応エンジンを基本とし、4サイクルエンジンは1.倍までとする。
 ・V 250 175cc以上、250cc以下
 V 350 251cc以上、350cc以下
 V 500 351cc以上、500cc以下
 V 700 501cc以上、700cc以下
 V 850 751cc以上、870cc以下
 V 2000 1,501cc以上、2,000cc以下
 V 3000 2,001cc以上、3,280cc以下
6)機関の冷却は水循環ポンプによって行わなければならない。
7)外部から助力無しに迅速、かつ容易に始動できなければならない。
8)スタータ−は、純正品で、変更や調整をしてはならない。

9)V700以下の改造は許可されない。

101 国内オフショアシリーズ
                               (単位:CIDcc

 

インボード

アウトボード(環境対応型を含む2サイクル)

 

ガソリン

ディーゼル

ガソリン

スーパー

2基以上

2基以上

4基以上

1,500/23,034を超える

2,000/32,774を超える

800/13,104を超える

オープン

2基以上

2基以上

4基まで

910/14,912を超え502SCI×2     
  540NA×2
1,500/23,034まで

1,500/24,580を超え2,000/32,774まで

600/9,828を超え800/13,104まで

OFF1

1502SCI

2基以上454×2

1

2基以上

3基まで

502/8,226を超え750/12,290まで

700/11,471を超え910/14,912まで

720/11,798を超え1,000/16,387まで

1,000/16,387を超え1,500/24,580まで

400/6,552を超え600/9,828まで

OFF2

1502NA

2基以上350×2

1

2基以上

基数制限なし

384/6,292を超え502/8,226まで

384/6,292を超え700/11,471まで

553/9,062を超え720/11,798まで

768/12,585を超え1,000/16,387まで

256/4,195を超え400/6,555まで

OFF3

基数制限なし

1

2

基数制限なし

336/5,506を超え384/6,292まで

484/7,931を超え553/9,062まで

672/11,012を超え768/12,585まで

226/3,703を超え256/4,195まで

OFF4

基数制限なし

基数制限なし

基数制限なし

200/3,277を超え336/5,506まで

550/9,012を超え672/11,012まで

183/3,000を超え226/3,703まで

※ アウトボードに関し、4サイクルエンジン及び過給機付エンジンは、1.4倍とする
※ 燃料供給方式(EFI、キャブレター)は自由とする。

304 機関
機関は、次の通りとする。
1 形式は、自由とする。
2 排気量は、次の通りとする。(巻頭参照)

  ただし4サイクルエンジン及び過給機付エンジンは1.4倍とする。

<2010年改正点>

301 OSY400
 1 艇体は、次の通りとする。
  (5)最低重量は100kg180kg以上(ドライバー、残燃料含む)とする。

レーシングライセンス発給規則

111 失効講習
 1 更新を受けなかった場合は、最後の更新から1年以内に限り申請により更新することができる。  また1年以上5年未満の場合、新規講習を受講することにより更新することが出来る。ただし、試  験は免除する。それを超えた場合は新規として扱う。

114 手数料
 1 手数料は、次のとおり。

地区連盟
納付額

協会
納付額


手続き

新規登録料

25,000

7,000

更新申請

更新登録料

12,000

5,000

失効登録料(1年未満)

15,000

6,000

新規講習受講試験免除

失効登録料(1年〜2年)

20,000

失効登録料(3年〜4年)

24,000

<2009年改正点>

排気量(全クラス)
※排気量は、2サイクル環境対応エンジン1.3倍、4サイクルエンジン1.62倍までとする。


フォーミュラシリーズ競技細則

シリーズ

クラス

排気量

方式

総重量

長さ

形状

強化コックピット

F

550

351cc以上550cc以下

250kg以上

2,75m以上

カタマラン

850

551cc以上 
850cc
以下

330kg以上

3,90m以上

義務付

3000

1,991cc以上
2,400cc
以下

EFI

460kg以上

4,80m以上

義務付

2,401cc以上
2,550cc以下

carb

EFI

480kg以上

2,551cc以上
3,000cc
以下

carb

500kg以上

EFI

530kg以上

301  F3000

2 艇体は、次の通りとする。

エンジン

2.0EFI

2.4Carb

2.4EFI

2.5Carb

2.5 EFI

最低重量

460kg

460kg

480kg

500kg

530kg

300 スペック(仕様)

301  F3000

2-(5)-A
a.木造艇の場合は、次のとおりとする。
 ・有効なエアバックを取付け、緊急用としてドライバー用と救助員用の手

動スイッチを設置することを推奨する。なお、救助員用のスイッチは、船体の側面に設置し、その周囲には、オレンジ色で20cmのマーキングをしなければならない。
b.コンポジット艇
・有効なエアバックを取付け、緊急用としてドライバー用と救助員用の手動スイッチを設置しなければならない。救助員用のスイッチは、船体の側面に設置し、その周囲には、オレンジ色で20cmのマーキングをしなければならない

3 機関は、次の通りとする。
 1UIMに承認された船外機とする。

エンジン

2.0EFI

2.4Carb

2.4EFI

2.5Carb

2.5 EFI

最低重量

460kg

460kg

480kg

500kg

530kg

ヘッドボリューム※

21cc

ANY

32cc

ANY

36.5cc

インテーク

ANY

3 TWOBARRELS

オリジナル

3 TWO

BARRELS

オリジナル

302  F850

1 「2サイクルエンジンの」排気量は551cc以上、850cc以下とする。

2 艇体は、次の通りとする。
 1)カタマラン型とする。
 2「2サイクルエンジンの」スポンソンの長さは、3.90m以上とする。

4 許可される改造は、次の通りとする。

なお、「純正品」とは、当該メーカーが発行した、当該機種のスペアーパーツカタログに掲載され、市販されているものをいう。「社外品」とは、純正品以外の部品をいう。

1)パワーユニット関係

   @シリンダ(純正品)は、内部加工してもよいが、外部加工は、強化する以外は認めない。
   Aシリンダのウォータージャケットは、加工してもよい。
   Bシリンダのスリーブ(純正品)は、純正品のオーバーサイズピストンが入る範囲内でボーリング    してもよい。
   Cシリンダヘッド(純正品)は、加工してもよい。
   D吸排気ポートは、加工してもよい。
   Eピストン、ピストンリングは、社外品オーバーサイズの純正品と交換してもよい。
   Fピストン(純正品)は、加工してもよい。
   Gクランクピン(純正品)は、強化するために加工してもよい。
   Hクランクシャフトのカウンターウエイト(純正品)は、加工してもよい。
   Iクランクケース(純正品)は、内部加工してもよいが、外部加工は、強化する以外は認めない。
   Jガスケット、シール、Oリングは、社外品を使用してもよい。
   Kコネクティングロッド(純正品)は、加工してもよい。

2)電装関係
   Fフライホイール(純正品)は、社外品を使用、軽量加工してもよい。

303  F550
 1 「2サイクルエンジンの」排気量は351cc以上、550cc以下とする。
 2 艇体は、次の通りとする。
 1)カタマラン型とする。
 2「2サイクルエンジンの」スポンソンの長さは、2.75m以上とする。
 3 機関は、次の通りとする。

  ※F850クラスに準ずる。

オフショア(OFF)シリーズ競技細則

300 スペック(仕様)

301 艇体
 艇体は次の通りとする。
 1 形状は、自由とする。
 2 長さは、次の通りとする。
  OFF スーパー40ft( 12.19m)以上50ft(15.24m)以下

■記載事項変更のご案内
当ルールブック記載事項が、次の通り変更となりましたので、ご確認の上、お間違えの無いようご注意ください。
フォーミュラシリーズ競技細則
101 国内フォーミュラシリーズ(P.42)
※排気量は、2サイクル環境対応エンジン1.3倍、4サイクルエンジン1.6倍までとする。
301  F3000(P.43)・302  F850(P.45)・303  F550 (P.49)
ただし2サイクル環境対応エンジンは1.3倍、4サイクルエンジンは1.6倍までとする。
2-(5)-A
a.木造艇の場合は、次のとおりとする。
・有効なエアバックを取付け、緊急用としてドライバー用と救助員用の手動スイッチを設置することを推奨する。なお、救助員用のスイッチは、船体の側面に設置し、その周囲には、オレンジ色で20cmのマーキングをしなければならない。
b.コンポジット艇
・有効なエアバックを取付け、緊急用としてドライバー用と救助員用の手動スイッチを設置しなければならない。救助員用のスイッチは、船体の側面に設置し、その周囲には、オレンジ色で20cmのマーキングをしなければならない

Vシリーズ競技細則
101 国内Vシリーズ(P.55)
※排気量は、2サイクル環境対応エンジン1.3倍、4サイクルエンジンは1.6倍までとする。

304 機関(P.58)ただし2サイクル環境対応エンジンは1.3倍、4サイクルエンジンは1.6倍までとする。

オフショア(OFF)シリーズ競技細則
101 国内オフショアシリーズ(P.62)
※排気量は、2サイクル環境対応エンジン1.3倍、4サイクルエンジン1.6倍までとする。
304 機関(P.65)
ただし2サイクル環境対応エンジンは1.3倍、4サイクルエンジンは1.6倍までとする。